#

専称寺

せんしょうじ

#

専称寺
高さ25mの大屋根は他を圧して異様を誇る。浄土真宗大谷派に属し、寺町の寺院群の中心です。山形城主最上義光が、薄幸な愛娘駒姫の菩提寺として高箭村(現天童市)から慶長4(1596)年に移建しました。駒姫は、豊臣秀次に召されて上洛しましたが、秀次が秀吉の逆鱗に触れて切腹した折りに、15歳で京都三条河原で処刑されました。境内のなか、墓地の奥、東北端には駒姫の墓があります。
現在の本堂は元禄16(1703)年の再建で、県の指定文化財、鐘楼は桃山時代の建築で市の指定文化財です。
また境内にはイチョウの巨木があります。

■所在地 山形市緑町3−7−67
■連絡先 TEL:023−622−5981 FAX:
■営業時間 随時
■定休日 無休
■駐車場
■URL

プリント
トップへ戻る↑