#

山形市立第一小学校 旧校舎

やまがたしりつだいいちしょうがっこうきゅうこうしゃ

#

山形市立第一小学校 旧校舎
県下初の鉄筋コンクリート造の学校建築であり、昭和2年に竣工後、小学校として使われる前に勧業博覧会の会場となった記念的な建築です。
設計は現在も市内に事務所を構える秦・伊藤建築設計事務所。大正13年に事務所を設立し、本校舎の設計にあたりました。地方都市の設計事務所としては極めて早い設立といえます。
当時の最先端であった東京の震災復興小学校と類似し、意匠的にはドイツ表現主義、アールデコの影響が認められます。おそらく、それは設計者の秦鷲雄が、震災復興小学校を推進した東京帝国大学教授で本県白鷹町出身の佐野利器と親戚関係にあったことが関係していると思われます。平成13年、国の登録文化財となりました。

※非公開となっておりますので、敷地内に立ち入らないようお願いいたします。

■所在地 山形市本町1−5−19
■連絡先 TEL: FAX:
■営業時間
■定休日
■駐車場
■URL

プリント
トップへ戻る↑