山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


いも煮

「いも煮」は、山形の郷土料理のひとつ。材料は、地域によって様々ですが、山形市周辺では、里芋、こんにゃく、牛肉、ネギがオーソドックス。醤油で味付け、砂糖は好みの量を、仕上げに地酒をかくし味に少々。お好みでキノコやゴボウを入れたりと、シンプルながら具沢山の汁物です。

主にアウトドアで野宴をはって「いも煮」を楽しむ催しを、「いも煮」に「会」をつけ「いも煮会」と言います。
毎年9月には山形市内の馬見ヶ崎河川敷で「日本一の芋煮会フェスティバル」がおこなわれ、多くの人々で賑わいます。

ルーツには諸説あり、農耕神事、農民生活文化の中からという説、紅花交易による最上川舟文化と京都料理と関わりから端を発するとする説、また寺の講の門前市から生まれたなど、様々です。