山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


山菜料理

陽のあたる雪の下に露の葉が顔をちらっとのぞかせた…。これを合図に山の命が息吹き始め、生き生きと山笑う絶好の季節となります。雪が多く、肥えた森林腐植土で覆われた山を母体として山形の山菜は、柔らかく、おいしく、日本一いや世界一と評されています。

芽出しの一番は、木の芽(山形ではあけびの芽)です。そしてたらの芽・こごみ・わらび・山うど・うるい等が忘れかけた旬を甦らせ、山の味覚を堪能させてくれます。

そして焼き味噌と共に切りあえた「たらの芽の切りあえ」、からりと揚げた山菜のてんぷら、竹の子の味噌汁、こごみの胡麻あえ、わらびの生姜醤油などまだまだあります。山菜ごはんに、山菜そば、山の生気も一緒に食べるのですから、何と贅沢な料理でしょうか。それに「エゴ」と山ぶどう酒があれば最高でしょう。