山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


長谷堂城跡公園(長谷堂城址)

長谷堂城はいつ誰が築いたのかさだかではない。しかし、伊達文書の「永正11年(1514)最上と戦って長谷堂を陥す」の一節から推察すると、そのころすでに城塞的な形態を備えていたと考えてよいだろう。不落の城と称された慶長合戦当時には、小城に似合わぬ抜群の防禦設備がなされていた。
 慶長5年(1600)9月14日、直江山城守兼続が2万の大軍をもって長谷堂城を攻めた。守は智将志村伊豆守、将卒5000余を率いて籠城し野戦の駆け引きでは天下一といわれた直江を終始翻弄した。
最も激しい攻防戦は、15日、24日、29日で、直江軍は上泉主水、岩井備中、松本杢之助等の猛将が討死して惨敗する。そして、29日の夜半、直江は関ヶ原敗報を受けて長谷堂城から撤退した。
志村伊豆が孤軍よく直江の猛攻に耐えて、これを退却させたのは、彼の武勲と共に別名亀ヶ城の甲羅がいかに固かったかを物語る。

慶長6年志村伊豆守酒田東禅寺城に転じて3万石。代って坂紀伊守長谷堂城主となって3万石を領し、城郭の改築と城下町の建設に着手する。元和8年(1622)板重内のとき最上改易によって廃城となる。

場所山形市長谷堂(城山)
電話山形市公園緑地課
TEL 023-641-1212
交通山形駅から車で20分程度
※本沢公民館から徒歩5分