霞城まちなみ案内人がおすすめする『山形城の面影めぐり』
※所要時間に各施設の見学時間は含まれていません。
メインの交通手段 →   徒歩
所要時間 → 約 約60
トータルの距離 → 約 km
かかる費用 → 約
 
出発地点 霞城セントラル

( 1 Km 15分 徒歩 )
  霞城公園(二の丸跡)

斯波兼頼公が築き、11代城主最上義光公が拡張した山形城は本丸、二の丸、三の丸を有し平城としては日本有数の大きさでした。東大手門は二の丸正門を史実に基づき日本古来の建築様式により木造建で復原しました。

( 0.2 Km 5分 徒歩 )
  公園スクエア

山形美術館や最上義光歴史館、多数のモニュメントがあります。斯波兼頼公の菩提寺跡(光明寺)や文和4年(1355)の山形最古の阿弥陀板碑があります。

( 0.2 Km 5分 徒歩 )
  最上義光歴史館

城下町の基礎を築いた57万石最上義光公の遺品や関連文書等、兜や合戦図屏風等が展示されています。

( 0.5 Km 10分 徒歩 )
  豊烈神社

最後の山形城主水野家を祀り藩祖忠元、中祖忠邦、明治維新で殉職した元宣等を祭神としています。毎年10月6日に奉納される古式打毬は宮内庁、八戸市の打毬とともに貴重な文化財となっています。

( 1.3 Km 15分 徒歩 )
  歌懸稲荷神社

斯波兼頼が山形城の守り神として城内に建立したと言われ、城主や城下の人々が短冊に歌を書いて神に奉納する習慣から名称がつけられた。

( 0.1 Km 1分 徒歩 )
  三の丸土塁跡

三の丸東南方十日町の南接場所にあります。三の丸は東西1580m、南北2090m、周囲約6.5km、71万坪を有していました。    

( 0.5 Km 10分 徒歩 )
終点 霞城セントラル


山形市観光協会
〒990-8580 山形市城南町1-1-1霞城セントラルビル1階
【電話】023-647-2266【FAX】023-647-2267
■Copyright© 2000 山形市観光協会 All Right Reserved.
■このサイト全ての内容について一切の転載・改変を禁じます。